new_denryoku_banner_m.png

 

 

電力会社よりお得!新電力購入

02_buy_copy.png

電力の小売自由化とは

2000年3月より、自由化対象のお客さまは、電気事業者を選択することが可能になりました。これは航空・通信・金融の各業界で行われてきた規制緩和の一環であり、また、国際的に割高な電気料金を競争原理の導入により引き下げ、国際競争力の回復を図るという背景があります。

02_buy_melit.png
多様なサービスや価格を選択することができます。
月々の電気料金が引き下げられます。
02_buy_graf.png

『高圧』のお客さま

 

受電電圧6,000V、500KW以上の契約規模

 テナントビル・オフィスビル・スーパー・ホテルなどの中規模な施設

 

受電電圧6,000V、50KW以上の契約規模

 スーパー・レジデンスビルなどの中規模な施設

 

ポイント

契約電力と使用電力量から算出される負荷率です!

自由化の仕組み

契約発電設備が供給する電気を、電力会社の送電線網を使用することで、お客さまにお届け致します。お客さまが受電される電気の安定性・信頼性は一切変わりません。なお、ご契約にあたり、新たな設備投資は不要です。

02_buy_zu.png

電気料金削減事例

02_buy_a.png

2F建 3,000㎡

契約電力 400KW

負荷率 24.6%

02_buy_sankaku.png

削減額

100万円(年間)

02_buy_b.png

5F建 3,576㎡

契約電力 83KW

負荷率 25.7%

02_buy_sankaku.png

削減額

20万円(年間)

02_buy_c.png

5F建 1,795㎡

契約電力 47KW

負荷率 25.7%

02_buy_sankaku.png

削減額

12万円(年間)


その他官公庁施設

福岡国税局施設、福岡法務局施設、北九州市民センター施設、北九州市建設局施設、福岡市教育委員会施設、県庁関係、各職業能力開発センター施設、西日本総合展示場、その他多数有り

02_buy_gouri.png

 

Q & A

料金について
Q 料金携体系はどのようになりますか?
A 料金体系は現行の電力会社と同様、基本料金と従量料金の2部料金制にて、ご提示させていただいております。

電気料金は新たに契約した電力小売業者にお支払い頂きます。


運用について
Q 発電設備の定期点検又は事故等により供給不能の場合、補給電力を使用した場合、料金はどのようになりますか?
A 電力小売業者の対電力会社との接続契約では、当社の発電設備からやむをえない事情で電力が供給できない場合は電力会社よりバックアップを受ける仕組みになっております。このバックアップに伴うコスト負担増は、電力小売業者にて負担致しますので、お客様への追加負担は発生いたしません。

Q 波及事故等系統の運用に関するトラブルへの対処方法は今後どのようになりますか?
A 系統運用に関わる問題はすべて電力会社の送配電部門が処理することになります。その費用はお客さまのお支払いいただく電気料金のなかから当社がお支払いしており、お客さまと電力会社の運用申し合わせの上で、お客さまには従来と変わりないサービスの内容、運用のルールが適用されます。

計量器について
Q 電力会社の現在の計量器はどうなるのですか?
A 現在の計量器・MOFは電力会社の資産ですが、電力会社の送電サービスの一環として、そのまま設置を継続いたします。 資産区分、維持管理 責任も変わらず電力会社にございます。料金精算に伴う検針についても変わらず電力会社の計量器を用います。 また、電力小売業者にて同時同量を保持するために端末を別途設置致します。同端末は、電力会社の計量器からパルス信号を取り出し専用インターネット回線を介してお客さまの使用電力を当社に自動的に通知致します。その端末は電力小売業者負担にて設置させ頂きますが、その際の設置場所をお客さまよりご提供して頂きます。

 

その他
Q 電力会社との契約を切り替えることにより、電力供給上の付帯サービス及び通常の商売上の不利益を蒙ることはないのでしょうか?
A 附帯サービスの種類にもよりますが、先にも述べました通り送電等電力の系統運用に関わるお客さまへのサービスは、接続契約の関係から今 後も電力会社が行うものであり、仮に電力小売業者と契約することにより、そうしたサービス及び日常取引でお客さまが不利益を受けることは、独占禁止法で禁じられた行為ですので有り得ないことと考えます。

Q PPSから電気を購入する場合、設備の変更が必要ですか?
A 現在設置されている電力会社の計量器は、通常そのまま使用することになり、その場合、資産区分、維持管理責任は電力会社となります。

Q PPSの発電設備にトラブルがあった場合、供給がストップしてしまうのですか?
A PPSからの電力供給は原則として、電力会社の送電設備を通じて行われます。したがって、ストップした場合でも利用者に対しては、電力会社から電気が送られますので心配ありません。

ご契約の流れ

これまでご契約されていた電力会社とのご契約と同様に、電力小売業者と需要契約を交わしていただきます。

供給開始までのフロー

02_buy_sankaku_s.png

各種データご開示(お客さま)

02_buy_sankaku_s.png

お見積提示(創電システム)

02_buy_sankaku_s.png

お申込み(お客さま)

02_buy_sankaku_s.png

需給契約(お客さま、電力小売業者)

02_buy_sankaku_s.png

供給開始(電力小売業者)

まずは当社より料金・条件等をご案内させて頂く為に、お客さまの電力使用に関する各種データをご開示いただきます。

電気供給事業会社 イーレックス様 HPへ

 

soden_mitumori_l.png

高圧受変電設備工事

  • トランスの増設・リニューアル
  • 高圧ケーブルの新設・改修
  • 高圧引込開閉器の新設・取替
  • キュービクル式変電設備の
     新設・取替・改修・塗装

低圧各種電気工事

  • 電灯・動力の電源
  • ブレーカー取替
  • 照明
  • コンセント
  • 空調
  • 漏電改修
  • 分電盤
  • 監視カメラ
  • エアコン販売・取付

 

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 093-474-7700

受付時間:平日
9:00〜17:00

FAX 093-474-7711

受付時間
24時間受付